2016/08/09   国際核融合エネルギー研究センター見学

 物理選択生徒のうち希望者10名(2年次生10名)が国際核融合発電の研究施設を訪れました。「核融合とは何か」と題する講義から始まり、核融合が莫大なエネルギーを生み出すこと、その原料は大量に存在すること、現在フランスで建設中の核融合実験施設「ITER(イーター)」の概要などを学びました。また、核融合だけでなく、プラズマや超伝導などの実験を行い、物理的な理解も深めました。施設で働くフランス人やアメリカ人と一緒に昼食をとり、英語でのコミュニケーションにも挑戦しました。さらに加速装置やスーパーコンピューターなど、最先端技術を目の当たりにした1日となりました。
(この事業は青森県エネルギー総合対策室が主催したものです)
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学
  • 国際核融合エネルギー研究センター見学

「サイエンス」に戻る